読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dartmania Cafe

投資、節約、ライフハック、雑談等いろいろ呟いています。

スポンサーリンク

投資

米国株は1回の買付金額が大きい方が良いので投資時期は慎重に決めるべきである

日本の証券会社からの買付では、外国株は日本株に比べ手数料が高い傾向にあります。手数料負けしないためにもある程度まとまった額での投資が良いと考えています。

日本株と外国株に投資をする理由と今後の方向性

同じ株式でも日本株と外国株ではかなり性質が異なります。それぞれの国の特徴を理解して上手く分散投資出来る様、日々勉強して最適なPFを考える事が大切ですね。

野村証券のE-ship制度のメリット・デメリットまとめ

野村証券と野村信託銀行が恊働で開発したE-Shipについてのメリット・デメリットについて紹介しています。

米国株の配当再投資制度(DRIP)は日本の証券会社で取り入れられないのか

DRIP(配当再投資制度)に関して書いています。現状日本の証券口座では扱っていませんが将来的には取り入れて欲しい制度です。

野村証券は支店用とネット用に口座が分かれていて間違え易いので注意しましょう

dartmaniaです。 先日、従業員持株用の証券口座を作りに野村証券に行ってきました。 いつもの株取引はSBI証券で行っていますが、持株を野村証券が管理しているため新規開設となります。 ネットしかないSBI証券とは異なり、野村証券は口座の種類によって手数…

相場サイクルを読む鍵は四季にあった

相場サイクルの見分け方から相場を4つのタイプに分類しています。相場は波の様に下落と上昇を続けていくものである事を過去の相場から読み解いています。

ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座Plus」は無料なのに有益!お金に悩んでいる暇があるなら一度は行ってみよう

dartmaniaです。 この間、ファイナンシャルアカデミーが開催している無料セミナー「お金の教養講座Plus」に参加してきました。 実は、お金に関するセミナーに参加するのは始めてです。 行くまでは少し恐かったですが、終了後には満足して帰って来れました。…

投資に必要な余力をどの様に作り出すか

dartmaniaです。 投資を始めたばかりの時は、余力があまり多くありません。 投資で毎年20%の利益を上げられる人は極僅かといわれています。 その中に入れれば余力は増えていきますが、長年に渡り継続出来る人となると本当に少ないでしょう。

【外国株式】高配当で有名なロイヤルダッチシェル(RDSB)を買ってみた!

高配当株で有名な外国株ロイヤルダッチシェルについて説明しているページです。

投資においてはリタイアしない事が一番のリスクヘッジ

dartmaniaです。 日本株は上昇する時はゆっくりですが、下がる時はあっと言う間です。 まさにジェットコースターです。 相場でダメージを受けた方も、逆に波にのった方もいると思います。 恐らく日本株に投資をしている人は損を受けている人も多い様に見受け…

定期的に来る下落相場にどう立ち向かえば良いのか未だに分かっていない

dartmaniaです。 2016年は相場が昇り調子だったので、新米で何も分かっていない僕でもそこそこの成績を収める事が出来ました。 しかし、2017年はトランプ政権の発足から始まり、4月上旬には地政学リスクが急浮上して相場は荒れています。 今後も北欧での選挙…

投資でも仕事でもピンチの時ほど冷静に対処すべき

dartmaniaです。 社会人2年目になり、何かと忙しくなってきました。 まだまだ効率の低い仕事をしているからですね。 日々精進です。 今回は、仕事が忙しいのに他人に振り回されたり、投資で上手くいかない時にどのように振る舞えば良いのかをお話しします。

投資で不労所得を得るには余力を増やす事がポイントである

dartmaniaです。 投資には大きく分けて短期的な投資と長期的な投資があります。 人それぞれその定義は異なりますが、今回はだいぶアレンジして定義付けしました。

お金に仕事をしてもらい安定的に月1万円の不労所得を稼ぐ方法を考えてみた

dartmaniaです。 不労所得を得るには投資やブログ、クラウドワークス、YouTuberなど多くの方法があります。 しかし、会社員として働いている多くの方にとっては方法は限られてきます。 副業の枠に入らない株式やインデックスファンドに投資している人は多い…

経済的自由になるために月々のキャッシュフローを計算してみた

経済的自由になるために何が必要かを考えるためのページです。まずは自分の支出を知ろう!

忙しい人こそバリュー投資を始めよう

dartmaniaです。 投資で資産形成したいけど、なかなかまとまった時間が取れないという人も多いのではないでしょうか。 よく分からないけど資産形成して上手くお金を運用したいと言ってもそう上手くはいきません。 ある程度の知識は必要です。何も考えずに証…

週間ポートフォリオ公開!THEO運用開始して初めに買い付けた銘柄は!?振込間違えたら組戻しが必要です

dartmaniaです。 今週の日経平均はボラが大きかった一方、JASDAQは前週比+3.2%と引き続き堅調でした。 トランプ大統領の議会演説は結果としてそこまでダメージが大きくなかったので安心してます。 そして今週は売買を行わず保有銘柄に変更はないので、面白み…

2017年2月の資産運用報告と所感

そろそろ新卒が終わってしまうdartmaniaです。 一年て過ぎてみるとあっという間ですね。入社式の頃がすごく懐かしいです。 今日は2017年2月の月次報告をしたいと思います。

投資を始めた理由と継続出来ている理由

dartmaniaです。 投資を始めた理由って何でしょうか。 不労収入を得たいから、配当生活がしたいから、複利効果があるから、何となく将来が不安だから、資産が目減りするとか言うから、一攫千金狙いたいから等々色々な理由があると思います。 最近、投資した…

純資産回転率と売上高利益率の面白い関係

純資産回転率、売上高利益率とは何かについてお話ししています。またこの2つの指標の関連性についても言及しています。

20代で投資を始めた方が良い理由

20代で投資を始めた僕が感じた20代で投資をするメリットをお話ししています。

PER(株価収益率)はどういう時に役立つのか考えてみた

dartmaniaです。 割安度を測る指標の一つにPER(株価収益率)があります。 PERはPrice Earning Rationの略で「パー」ではなく「ピーイーアール」と読みます。 PBRと似た様な考え方ですが、予想値を使うか実績値を使うかで異なります。

少額資産で分散投資する際の最適な銘柄数はどれくらいか

少額資産で分散投資する時にどれくらいの銘柄数に分散投資するのが良いのかについて紹介しているページです。

2017年1月の資産運用報告と所感

2017年1月の資産運用報告です。

PBR(株価純資産倍率)1倍以下にすぐ飛びつくな

dartmaniaです。 投資をした事のある人なら誰でも聞いた事のあるPBR(株価純資産倍率)。 ネットで調べれば色々な情報が出てきますが、安易に1倍以下は割安だから買おうというのは早計過ぎます。 今回は、PBRの使い方や意味を解説していきます。

従業員持株会制度は適切な投資になるのか!?

従業員持株会に関する説明とメリットやデメリットを今までの経験からお伝えしているページです。

10分で分かる国内株式取引の税金

国内株式取引にかかる税金を分かり易く説明しています。

今後の動向が気になる小型株5銘柄

小型株投資にはまっているdartmaniaです。 最近はトランプの大統領令により世界が踊らされていますね。というか起業家が政治の世界に進出したので、完全に権力の使い方を間違っているのではないかと心配しています。

これがサラリーマンによる小型株投資の魅力である!

サラリーマンとして今まで投資してきた経験から、サラリーマンに小型株投資をおすすめする理由をお話しします。

バリュー投資初心者にオススメの1冊「ファンダメンタル投資の教科書」

ファンダメンタル投資の教科書の書評です。初心者でも読み易く、初めの一冊として参考になる本です。

行動力を高める具体的な方法

dartmaniaです。 毎日私たちは何かしらの行動をしない生活出来ません。朝起きてから夜寝るまでを振り返ってみると自分が色んな行動をしている事が分かります。 外を出掛けるために服を着る、誰かと交流するために連絡を取る、食べいモノを食べにいく、学校で…

消費・浪費から投資へのシフト

dartmaniaです。 昨年、投資を始めて如何に自分が消費と浪費をしていたか実感したdartmaniaです。お金が欲しい、稼ぎたいという欲望があってもついつい色んなモノを買ってしまう。収入=支出の人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。 だからもっとお…

大学生から社会人になって変化した事

darmaniaです。 2016年の3月に大学を卒業してから、もうそろそろ1年が経ちます。この1年は大学生から社会人へと変化した年でもあり、人生の中でも大きなターニングポントの1つだと思います。社会人になって考え方や心情の変化と、社会人になる事はどういうこ…

労働生産性と働き方改革が株価に及ぼす影響を考えてみた

dartmaniaです。昨今、話題になっている働き方改革や日本の労働生産性と株の関係について考えてみました。 日本では、人口が減少しながらも、医療の発達により超高齢社会へと突き進んでいる中、労働者人口の減少や一生現役等様々な問題が起こっています。 働…