Dartmania Cafe

The more you invest, The more you become rich man.

スポンサーリンク

株式への考え

株式と国債の違いを知る事でリターンを大きくする

dartmaniaです。 投資を行う際には、株式と国債の違いを明確にして投資対象を絞る事は大切です。 債券以下の期待リターンでは、株式に投資する冥利はありません。理由はいたって簡単で、国債は国が発行しており、元本が保証されているからです。 日本の様な…

【決算書の読み方のコツ】直感的な企業分析に役立つ「百分率財務諸表」を活用しよう

dartmaniaです。 あなたは財務諸表と言うのをご存知でしょうか。恐らく社会人になれば一度は聞いた事のある単語だと思います。投資をしている人なら必ず目を通す企業の通信簿的存在です。 しかし小学校の通信簿と違い、財務諸表を読み解く事は初めの内は難し…

米国株投資の出口戦略について

dartmaniaです。 今まで日本株投資で多くの富を気付いてきた人もいます。しかし人口減少と超高齢化社会の到来により、少なからず不安を覚えてきている人もいます。 近年は、日本でもパソコン一台で投資出来る環境が整い商品も充実してきています。 投資環境…

若い時から積立投資をするべきではない3つの理由

dartmaniaです。 私はかつて将来に渡り積立てて、年金の足しにしようと考えていた時がありました。 日々のお給料を積立てる事は立派な資産形成であると思います。 しかし私が数ヶ月積立投資を続けた結果、効率が悪いなと感じる様になっていました。

20代の投資は大きくリスクを取る事も大切

dartmaniaです。 学生から社会人になり、投資を始める人も多く見かける様になってきました。 20代から投資をする事は、とても重要であると実感しています。若い内から始める分だけ時間を見方につける事が出来るからです。 20代で投資を始めた方が良い理由 - …

私が初めに財務諸表を見るならどこを見るか

dartmaniaです。 銘柄選定の時間がなく、短時間で企業の良し悪しを判断するとしたら財務諸表のどこを見るでしょうか。 実際にそんな場面に遭遇する事はほぼありませんが、いつもどういう風に銘柄を選択する上ではとても大切な質問だと思います。 この問題は…

株式売却後の上昇にどう対処するか

dartmaniaです。 投資をするにしても、その手法は様々なものがあります。 その中でも僕はバリュー銘柄を主として投資を行っています。最近は、逆張りも考慮しつつ売買を行っていますが、どうしても売却後のリスクはあります。

【アセットアロケーション】投資で若者はリスクを沢山取るべき理由

dartmaniaです。 投資世界の中に、アセットアロケーションという考え方があります。 これは、個人のリスクを最小限にしつつリターンを最大化するためには大切な考え方一つです。

『フォン・レストルフ効果』印象操作に騙されずに自分の投資をしよう

dartmaniaです。 人には好き嫌いに関係なく、目立つ物や印象の強いものに記憶を左右されがちです。 例えば、とても珍しい名字の方とお会いすると嫌いだろうが忘れられなくなります。 セミナーに参加した時に、一人だけ金髪の外国人がいれば覚えてしまうのも…

資産運用したお金で何をしたいですか!?

dartmaniaです。資産運用は言うと聞こえは堅いですが、やっている事はそこまで難しい事ではありません。 資産運用は確実とは言えませんが、富を手にするチャンスはしない人よりも格段にあがります。 貯金よりも投資をした方が将来の不安は少なくなる - Dartm…

投資でバイアスを通さずにみるべき理由とは!?

dartmaniaです。 よく心理学用語で、〜〜〜バイアスと言う言葉を耳にする事があります。 バイアスは、しばしば偏見や思考の歪みと言った事をさす用語です。つまり、物事をありのまま見るのではなく、自分の経験や感情によって見方が変わる事です。 「アンカ…

『アンカリング効果』買おうとしている銘柄は本当に割安ですか?

dartmaniaです。 株式投資法において、ファンダメンタル投資やテクニカル投資、逆張り、順張り等があります。 その中でも、ファンダ投資でPBRやPER等の指標を参考にしている人も多い事でしょう。私ももその一人です。 投資をしている以上、数字を読む力は必…

『ギャンブラーの誤謬』非論理的な思い込みは投資に持ち込まない様にしよう

dartmaniaです。 ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)という言葉をご存知でしょうか。 ギャンブラーは皆さんご存知の通り、賭け事が好きな人の事を言います。誤謬とは誤りの事です。 つまり、賭博師の過ちといったところでしょうか。これはどんな意味なのでしょ…

『コンコルドの誤謬』投資で塩漬けは重大な機会損失である!投資と損失は別次元で考えるべき

dartmaniaです。 投資の世界において、感情は時として判断を鈍らせる事があります。 損が出ているにも関わらず、いつかはプラ転するだろうと考えずっと放置していたらプラスになる事はなく、塩漬けになってしまった経験がある人もいると思います。 今回は、…

みんなと同じじゃダメなの?ハーディング効果は株式投資では危ないかも!?

dartmaniaです。 人間の心理と市場の反応は、密接に絡み合う関係にあると考えています。市場は感情に支配されていると言っても過言ではありません。そのよな言動を学問として体系化したものが行動経済学です。 行動経済学を日々の日常へ、そして投資の世界へ…

外国株投資の為替リスクについて考察してみた

外国株の為替リスクについてすごくざっくり計算しています。投資対象国を選択する目的と合わせて、為替リスクはあまり考慮しなくても良いと言う結果になりました。

利益と損失では価値の感じ方が違う!?プロスペクト理論から学ぶ投資判断まとめ

論理性に欠ける判断をしてしまう傾向にある事を示したのがプロスペクト理論です。この行動経済学を理解する事で、投資判断時の幅を広くし、より有意義な投資生活を送れる一助となるでしょう。

ライザップから学んだ売却リスク

dartmaniaです。 日本には四季があります。季節の移り変わりが春夏秋冬というのは誰もが知っている事でしょう。 相場にも四季(波)があります。投資の基本は安きを買い高きを売る事ですが、これを読む事は至難の技です。 今回、ライザップを売却した時の話…

20代の資産運用は貴重な財産を失っているかもしれない

dartmaniaです。 資産運用を出来るだけ若い内から始める事は、実に理に適っています。投資は、長期的な複利の効果を利用する事で指数関数的に資産を伸ばす事が出来るからです。 しかしながら、バランスをわきまえる事もとても重要です。バランスとは資産運用…

米国株は1回の買付金額が大きい方が良いので投資時期は慎重に決めるべきである

日本の証券会社からの買付では、外国株は日本株に比べ手数料が高い傾向にあります。手数料負けしないためにもある程度まとまった額での投資が良いと考えています。

日本株と外国株に投資をする理由と今後の方向性

同じ株式でも日本株と外国株ではかなり性質が異なります。それぞれの国の特徴を理解して上手く分散投資出来る様、日々勉強して最適なPFを考える事が大切ですね。

米国株の配当再投資制度(DRIP)は日本の証券会社で取り入れられないのか

DRIP(配当再投資制度)に関して書いています。現状日本の証券口座では扱っていませんが将来的には取り入れて欲しい制度です。

相場サイクルを読む鍵は四季にあった

相場サイクルの見分け方から相場を4つのタイプに分類しています。相場は波の様に下落と上昇を続けていくものである事を過去の相場から読み解いています。

投資に必要な余力をどの様に作り出すか

dartmaniaです。 投資を始めたばかりの時に一番大切な事は、如何に余力を増やすかです。はっきりいって少額からのスノーボール形成は効率がめちゃくちゃ悪いです。複利の効果を実感出来るのはある程度資金がまとまってからでしょう。

【外国株式】高配当で有名なロイヤルダッチシェル(RDSB)を買ってみた!

高配当株で有名な外国株ロイヤルダッチシェルについて説明しているページです。

投資においてはリタイアしない事が一番のリスクヘッジ

dartmaniaです。 日本株は上昇する時はゆっくりですが、下がる時はあっと言う間です。 まさにジェットコースターです。 相場でダメージを受けた方も、逆に波にのった方もいると思います。 恐らく日本株に投資をしている人は損を受けている人も多い様に見受け…

投資で不労所得を得るには余力を増やす事がポイントである

dartmaniaです。 投資には大きく分けて短期的な投資と長期的な投資があります。 人それぞれその定義は異なりますが、今回はだいぶアレンジして定義付けしました。

忙しい人こそバリュー投資を始めよう

dartmaniaです。 投資で資産形成したいけど、なかなかまとまった時間が取れないという人も多いのではないでしょうか。 よく分からないけど資産形成して上手くお金を運用したいと言ってもそう上手くはいきません。 ある程度の知識は必要です。何も考えずに証…

20代で投資を始めた方が良い理由

20代で投資を始めた僕が感じた20代で投資をするメリットをお話ししています。

少額資産で分散投資する際の最適な銘柄数はどれくらいか

少額資産で分散投資する時にどれくらいの銘柄数に分散投資するのが良いのかについて紹介しているページです。