Dartmania Cafe

主に投資・資産運用の事をつらつらと。恋愛記事もちらほら

米国株の配当再投資制度(DRIP)は日本の証券会社で取り入れられないのか

dartmaniaです。

RDSB(ロイヤルダッチシェル)を購入した際、配当について気になった点があったので今回まとめてみたいと思います。

配当について気になった点は、配当の再投資を勝手にしてくれるかどうかです。

 

dartmania.hatenablog.com

米国株は2種類のいずれかの方法で配当をもらえる

RDSBを購入した際に、ホームページで配当に関する記事を目にしました。それによると、配当は2種類の方法で受け取る事が出来るそうです。

日本株と同じキャッシュでの受け取り

日本株の配当金の受け取り方法は、株式数比例配分方式にしている人が多いと思います。

これは、配当金を証券口座に入金する方法です。

他に、指定口座に振り込んでもらうか、配当金の受領証を証券会社から送ってもらい換金する方法等があります。

外国株を運用されている方も恐らく株式数比例配分方式が多いでしょう。それは複利の力を使いたいからです。

dartmania.hatenablog.com

配当金を勝手に再投資する方法

配当金を受け取ったら株式を勝手に再投資してくれます。再投資による手数料はかかりません。

これはDRIP(Dividended Reinvestment Plan)と呼ばれています。Dividendは配当を意味します。Reinvestmentは再投資です。

ロイヤルダッチシェルではScrip Dividend Programmeとも呼ばれていました。

これは非常に画期的なサービスです。現在持株会や、投資信託等では一定金額を毎月買付ける事が出来ますが、株式は単元があるのでそうはいきません。

つまり毎回買付ける事なく、再投資に勝手に舞わせるので、長期投資で資産を形成しようとしている方にはもってこいのサービスなのです。

日本の証券会社にDRIPはない

僕はSBI証券で取引を行っています。調べてみたところ、そのような方式はありませんでした。

他も調べてみたのですが、日本の証券口座にも現時点ではありません。(もしあったらすみません^^:)

DRIPはアメリカ発祥の制度なのでアメリカでは広く普及しています。アメリカは投資人口も多く株社会であるため、株価が下がる事は国家の危機にもなりえます。株は切っても切れない関係なのです。

だからこそ長期で保有し、複利の力を得られるDRIPも認められているのでしょう。

「貯蓄から投資へ」を掲げる日本にないのはおかしい

年金に不安がある、社会保障制度はどうなるのか、老後の資金は?DCで退職金を運用させるなんて・・・等々。将来の日本社会が不安に満ちているのはあるでしょう。

貯蓄から投資をしようと言う言葉が言われてから久しく時が経ちます。

NISA口座や401K、iDeCoなんかも投資を身近に感じる機会だと思います。

しかし貯蓄から投資へ等とスローガンを謳っているなら、DRIP制度の導入をしてくれても良いのではと思います。

長期的に投資をするなら必ず複利効果を考えます。再投資のために手数料を取られるのは不本意です

また、日本株は100株もしくは1000株が単元株となっています。これを再投資するとなると、ある程度お金を保有していなければ再投資は出来ません。

今後、2018年10月1日までに100株単位にしようと言う試みがなされています。確かに1000株単位の株はより買い安くなりますが、売買の入力ミス低減ではなく、「貯蓄から投資へ」の一環ではないと思っています。アメリカみたいに1株単位にすれば変わってくるかもしれません。

日本の証券口座で買うには手数料が必要 

文句ばかり言っていて、他人に変化を求めるのも心苦しいですが、どうにかして再投資制度を提供出来ればより良い投資が出来ると確信しています。

NISAやノロードファンドは別として日本株や米国株は配当金をある程度貯めてから手数料を払って売買するしか方法がありません。

もし米国株ならちょこちょこ買うより数十万、数百万単位で一気に買付けた方が手数料がお得になる仕組みです。

いずれにしても手数料はかかります。

米国株取引ならアメリカの証券口座!?

それならアメリカの証券口座を作れば済みます。

ただそこまでやるのは少し面倒なので、僕は日系証券口座にDRIPが出来る事を希望します笑

日本株も持株会の様に数株単位で買付出来るのですから、配当再投資制度も出来なくはなさそうですけどね。

何故DRIPが日本に無いのか、疑問ではあります。

株式でドルコスト平均はありなのか

ここで疑問に思うのは、時間分散によるメリットはあるのかと言う事です。

これについて考えてみると持株会では毎月買付するドルコスト平均法を採用しています。 この場合、自社株だけの投資なので効率的な分散投資をは言えませんし、それが正解かは甚だ疑問です。

一方、米国株の配当は年に4回です。しかも人口増加をしている成長国です。米国に配当サ再投資するのであれば日本株よりはマシですし、正攻法とも考えられます。

これを日本株にも適用するとなると、話が変わってきそうです。

dartmania.hatenablog.com

まとめ

配当金再投資制度はあれば利用したいです。ほったらかしにさらに磨きがかかりそうです。

ただ日本で始まるかは未知数です。これからも無いと仮定して再投資をしていく方向で考えた方が無難です。

その場合の投資判断は難しいですが考えなければなりませんね。