Dartmania Cafe

主に投資・資産運用の事をつらつらと。恋愛記事もちらほら

サラリーマンを辞める事のメリット・デメリットまとめ

dartmaniaです。

多くの人が人生で最も時間を費やす場所が会社です。とりわけサラリーマンとして働いている人はとても多いでしょう。僕もその一人です。

その一方で、このまま続けていくべきか悩む経験をしている人も同様に多数います。

働き方に大きな変化がある中で、サラリーマンを辞める事はひとつの選択肢として熟考に値します。

サラリーマンを辞める上でのメリット・デメリットをまとめてみました。

サラリーマンは給料貰うだけなら最高

メリットに入る前に少しだけ、サラリーマンについて思う事を話します。

サラリーマンの一番の強みは信用です。車買ったり家買ったりする際のローンも比較的融資が簡単に出来ます。

僕の会社の人も言っていましたが、あながち間違いではありません。ローンをした事がないので分からないですが、少なくとも自営業やフリーランスよりは社会的信用が有る様です。まあ自分の力ではなくて完全に会社の力です。

固定給は最高に楽な稼ぎ方

サラリーマンのもう一つの強みは固定給ですよね。(自分は何の役にも立っていないのに、)ただ一ヶ月仕事するだけでお金が貰える。

こんなに素晴らしい事はないです。これも、会社が社会全体からの信用を得ている証拠です。信用があるからこそ利益が生まれる事で、お金を払う事が出来るのです。

ブログを始めて、お金を生み出す難しさっていうのは実感しました。今でこそ多少の副収入はありますが、それだけで一人暮らしをし、規則正しく栄養のある食事を取り、保険にも入り、年金も払う何て事は不可能です。ましてや遊ぶ事も出来ないでしょう。

自分の事業に成功している人も多く居ますが、やはり少数です。自分でお金0から1にする事は非常に難しいものです。

つまり、僕みたいな普通の人にとって固定給は最高に楽にお金を得る手段なのです。

それでも辞めたいと思う事も

出来るなら辞めたいという気持ちはあります。だって働かないで遊びまくって楽しく過ごしたいですもん。

人生で40年も働いて60歳になってさらに5年(将来は70歳まで?)も働いて、さらには生涯現役なんて言われてもそこまで働きたくありません。

家族と過ごしたり、旅行したり、のんびりしたり、友達と遊んだり、フリーダムに生きて楽しく死にたいです。

だから元気な若い内に仕事以外にも色々な事したいな〜と。

しかしそのためにはお金が必要です。今は一人で出来ない事を会社に依存して助けてももらっている状態と言う事になります。

将来的に不労収入や会社に依存しない働き方が出来る様、環境作りはしています。

dartmania.hatenablog.com

社会人は自立していなきゃだめだと言いますが、会社におんぶに抱っこのどこが自立しているのだと思います。

メリット

メリットとしては精神的な負担が軽減されたり時間的束縛からの解放がよくあるメリットとして上げられています。

時間の制約から解放される

僕の中では最初にして最大のメリットです。自分の時間が増えるって最高に嬉しくないですか。やりたいのに時間が取れなくて諦めている事ありませんか。まあ本当にやりたかったら時間がなくてもどうにかしてやると思いますが笑

しかし物理的に時間が足りない人も多々いるでしょう。

現代は自由度が増えているのでしようと思えば何でも出来ます。毎週5日 X 8時間って働き過ぎだと思います。そんなに働いて帰って家庭があったら自分の時間もありません。

それでも耐えられなくないのが人間の習慣の恐い点でもあります。

そういった事から解放してくれる事が一番のメリットです。

好きな時に好きな事が出来る。旅行したいときは旅行出来る。こんな環境がたまらなく欲しいと思うのは僕だけでしょうかね。

好きな人とだけ付き合える

仕事してれば嫌な人と付き合わなければならない事もあるでしょう。悪口を言われているかもしれません。自分が不快だなと思う人との付き合いは避けたいのが心情です。

辞めたら付き合いたい人だけ選んで付き合えば良いのでかなり楽になります。自分で何かを生み出すのが大変な分、見返りも大きなものとなります。

自分で全てを調整出来る

会社に属さないと言う事は完全に自分の人生を自分にゆだねる事になります。

あらゆる決定事項に関して、自分で決める事が出来ます。会社では責任は上司が取りますが、個人では勿論責任を取るのは自分です。これこそが本当の意味での自立というのではないでしょうか。自立をしている人は本当に尊敬します 。

デメリット

キャッシュフローがなくなったらヤバイ

サラリーマンを辞めても、生活費は掛かります。生きるためには何かしらの稼ぎは必要になります。その稼ぎがなくなるととたんにピンチに地位る事は目に見えています。

つまり、定期的なインカムがなくなる事に、上手く切り盛り出来るのうry区があるかも問われます。だから収入の複線化は個人にとってはサラリーマン以上に大切です。

サラリーマンのメリットを捨てる事になる

福利厚生を含め、年金や保険まで実に多くのメリットがサラリーマンにはあります。そのメリットを捨てる事自体がデメリットとなり得ます。

僕たちサラリーマンは貰っているお給料以上に会社に負担をかけています。もし個人なら、こんなリスク資産は持ちたくないですね^^: 

まとめ

いかがでしたでしょうか。メリット・デメリットはつきものです。これについて考え方の違いでどちらが良いというのはありません。僕はフリーになりたいですが。

またデメリットなんかも軽く書きましたが、こんな事言っていたら、いつまで経っても脱サラなんて出来ません。脱サラは目標にする気はありませんが、旅行を沢山するために早く辞めたいってのはありますね。

そのためにも今、安定したキャッシュフローの土台を作っていきたいものです。