Dartmania Cafe

The more you invest, The more you become rich man.

20代の資産運用は貴重な財産を失っているかもしれない

dartmaniaです。

資産運用を出来るだけ若い内から始める事は、実に理に適っています。投資は、長期的な複利の効果を利用する事で指数関数的に資産を伸ばす事が出来るからです。

しかしながら、バランスをわきまえる事もとても重要です。バランスとは資産運用以外の日常生活とのバランスです。

投資と遊びのバランスを調整しないと、面白みのない人生になってしまいます。

若い内からの資産運用は大事

20代、いや10代から始めても良いくらい投資は早く始めた方が良いです。

理由は様々ありますが、特に若いうちは失敗しても年齢という特権を活かして挽回する事が可能だからです。

お金がないからこそ資産運用をすべき

10代、20代はそれほどお金はありませんので苦労します。それはそれで良い経験になります。大学生もお金がないのは当たり前です。そのような時に敢えて投資をする事で少額で投資を学ぶ事が出来ます。

例え失敗しても(ショックでしょうが)、後々働いてお金が得られる事を考えれば安い勉強代です。

お金を数千万も貯めてる大人がいきなり投資をするよりよっぽどリスクヘッジになります。

dartmania.hatenablog.com

資産運用してばかりの人生もつまらない

一方、投資で不労所得を増やそうと思うとどうしても、まとまった余力が必要となります。 複利の効果も数百万程度の資金だと効果が薄いからです。

dartmania.hatenablog.com

余力の拠出元は?

投資においては、余力を増やして徐々に追加投資していきスノーボールを形成します。

余力の元となる資金は多くの人が会社からもらっている給料でしょう。学生ならバイト代や仕送りかもしれません。

このお金は大体貰える金額が分かります。その他に、ブログ収入や副業で得たお金も考えられますがこれはごく一部の人に限られます。

何と言ってもサラリーマンはお給料がメインでしょう。そこで、スマホ代金や家賃等の固定費の削減や浪費・消費を抑える事もしています。

dartmania.hatenablog.com

 

どれくらいを拠出するか

銘柄の分散投資や、時間分散などのリスクヘッジにはお金が必要となります。投資信託やETFはドルコスト平均法で毎月積立てる事もあります。

そういった場合に、固定給からどの程度投資に回すかがとても難しい点であります。

また一般的に考えても投資金額の大きい方がメリットはあります。

余力に回し過ぎると人生損するかも!?

自分の稼いだ大事なお金を運用する事は非常に大切です。しかし、投資!投資!ばかり言っていたら何も他に行動が出来なくなります。

特に20代は体力が有り余っているので色んな経験が出来ます。友人とバカして遊んだり、貧乏旅行したりと。

投資ばかり考えていると、そういった20代でしか出来ない事に対してお金を出さなくなります。

それはそれでお金は貯まり、資産運用も学べる事でしょう。しかしもっとしておくべき事ってあると思います。

30、40代になって家庭を持てば出来ない事が増えます。それは自分だけのお金ではなくなってしまう家庭が多いからです。20代の内の経験は後々になっても記憶に残り続けると考えています。一番エネルギッシュで一番行動力がある時期だからです。その時期に余力や貯金にお金を回す事ばかり考えているのはいささか勿体無いと感じてしまいます。

あの時、こんなことしておきたかったな〜と思う事の一つや二つはあるでしょう。

どれくらいの割合でバランスを取るべきか

これに定まった答えはありません。ただ後々の事を考えれば投資は少額でもするべきです。今は100円から投資信託の積立が出来る時代になっています。

バランスは各自で決めるべきでしょう。というのも、僕も実際どれくらいが適切か分かりかねているからです。

僕の現時点での決め方も紹介しておきます。といっても大それた事ではないのですが。

まずお給料が振り込まれたら、一定額を投資に回す様にしています。そこから固定費や食費等絶対にかかる経費を引いて残った分を遊びや飲み代に回しています。

大体、割合で言うと30〜40%です。これが多いか少ないかは分かりません。固定費はギリギリまで追い込んでいるつもりです。

もし変えるとしたら投資額を調整する事になります。現時点でこの割合に不満はありませんが誰にでも当てはまるかと言えばノーです。 

dartmania.hatenablog.com

貯金ばかリもつまらない

一方、貯金ばかりもつまらないです。これも先程と同様の理由です。ただ貯金通帳見てにやけていても面白くないです。それなら通帳に自分で0をいっぱいかけば誰でも億万長者になれます^^

貯金は必要ですが目的のない貯金は無駄です。

お金が全てじゃない

お金は何かと交換するためのただの道具に過ぎません。昔の物々交換を便利にするための指標となったのが「お金」です。

お金で全てが手に入るわけではありません。友情や愛情、努力、成功はお金があれば手に入る訳ではありませんよね。

お金が全てじゃないのはお金持ちの言葉?

というのを耳にした事があります。そりゃお金があるからそんな事が言えるのだと。

勿論そうに決まってます。あれば超した事はないですもんね。生きていくためには最低限のお金は必要です。固定費とか食費とかは欠かせません。

でもお金が無い時だって楽しい事は沢山ありますよね。大学生だってお金がなくて、貧乏旅行したり、鍋パーティーしたり、色々な事して楽しかった記憶があります。

お金がなくても楽しみや幸せな感情は生み出せます。お金がある事に超した事はありませんが、必要最低限あれば問題ないのです。

お金持ちってのはお金があるから幸せではなく、そういう幸せな事や生き方をしていたらお金持ちになったのではないでしょうか。

因果関係があるかすら分かりませんが、少なくともお金がれば幸せになれるという考えの人は、お金持ちにはなれない気がします。

幸せはお金では買えない

幸せはお金で買えません。まあ何に幸せの定義をおくかにもよりますが。幸せは自分の内なる心からの感情に見いだすものです。決してお金によって動かされる感情ではありません。

超高級な車を一人で乗り回すより、型落ちの車若しくはレンタカーで好きな人とドライブする方がよっぽど楽しいです。

最低限を除けば、お金は幸せを膨らます事は出来るかもしれませんが、生み出す事はないのではないでしょうか。

まとめ

20代で投資ばかりに目をくれるのも良くないと思います。お金を使って他の事を思う存分出来るのも20代の特権です。

そういった事も意識してお金と向き合う必要がありそうです。僕もどちらかに偏りすぎない様、バランスを取って向き合っていきたいものです。

 

参考記事:

少額資産でも分散投資は大事な考えです。

dartmania.hatenablog.com

 二刀流です。

dartmania.hatenablog.com