Dartmania Cafe

主に投資・資産運用の事をつらつらと。恋愛記事もちらほら

有給休暇を取らない事による機会損失は大きい

dartmaniaです。

社会人になると有給休暇なるものが付与されます。しかし日本の企業を見ているとなかなか有給が取りにくかったり、とったら昇進に響く等まだまだ課題が山積みな休暇です。

有給休暇とは

一定期間勤続した労働者がリフレッシュや、疲れを取るために与えられる法律で定められたルールです。

条件としては雇い入れから半年以上かつ8割以上出勤している事です。

一般的に勤続年数によって付与日数は異なります。

有給休暇のデメリット

デメリットと言いますか、やはり一番困るのは上司からの視線でしょう。

これは僕の会社にもあります。どちらかと言うと取りにくい企業である事には間違いありません。昔ながらの人が多いんですよね。

沢山働いた方が偉い!休ま無い人の方が昇進する!休むやつはろくなヤツじゃない。未だにお偉いさんにはそのような人が多いです。

自分たちもそうだったからお前らも同じ様に働けって事なんでしょう。自分たちも休みたかったけど休めなくて、でもそれはそれで面白かったし今となっては良い思い出とか言っているのでしょう。

確かに、僕も同じ環境で働いていたらそういう考えになっていたかもしれません。

しかし、そろそろその考え辞めにしませんか?っていうのもあります。だって休みたいですし。国が法律で決めているのだから絶対に取らなくてはいけないって言うルールを作れば簡単なんですけどね。

有給を取ると昇進に響く

これも聞きます。昇進に響くのは面倒くさいですね。昇進したいのが一番ではないですが、頑張って昇進してお金も多く貰う事には一定の価値はあります。

それをたかだか有給使ったくらいで下げられたらたまったものではありません。能力があり結果も出ているけど有給はしっかり取る!そんな人が評価されていなかったら辞めたくなるのも分かります。寧ろそっちの方がダラダラ仕事する人より効率的で良いと思います。

それでも有給休暇は取得したい

僕はそれでも有給休暇は取得したいです。別に社長目指している訳でもないですし、社長になりたければ起業した方が早いですしね。

取得する理由はお金をもらいながらも自分の好きな事が出来るからです。

まあ当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。

時給換算してみる

本来、給料は時間換算出来ませんが、大体時給換算すると2,000円くらいでしょう。福利厚生やなんやら入れるともっと高くなりそうな気もしますが。

年間で付与される日数は勤続期間により異なりますが6.5年以上経過すると20日間もらえます。これが最高値です。

これをお金に換算すれば20X2000X8=32万円です。

有給をとっても取らなくてもこれが保証されているなら休みと仕事どちらを取りますか?

僕は迷う事無く休みを取ります。

32万円分の機会損失と同じ

仕事をする事でも自身のスキルアップには繋がります。しかし、外の環境に触れる事も僕にとってはとても重要な事です。

一日休んで家族と過ごすのも良いでしょう。セミナーに参加するのも良いでしょう。本を読んだりと友人と会ったり、旅行したり。

休む事で得られるものは思っている以上に多いです。

32万円をもらいつつさらに自分の有意義な事に利用するか、同じく仕事に費やすかd得今後大きく人生は変わると思います。

12年間で1年分の休み

毎年20日間の有給休暇が付与されると12年間で240日になります。

これはおよそ1年間の就業日数と変わりありません。ほんの12年間で1年間まるまるの休みがもらえるのと同義なのです。

これってスゴクないですか?逆にこれを消化出来ずに働くのはナンセンスだと思いませんか?

理想ばっかり語ってもねぇ

こんなの理想論だろ。実際全部取れるなんて考えられない。と思う事でしょう。僕も思っています。

少なくとも今の会社では全部取れるなんて事は無いでしょう。何かしらの理由を付けて休まない限り無理な気がします。

そもそもそういう風土自体がおかしいのですが、今の上司達はそういう時代を生きてきたのだからしょうがない部分もあるでしょう。

有給とっても何も言われない人になれば良い

だったら有給とっても仕事で成果出してるんだから問題ないでしょう?くらいまでいきたいですよね。

なんで休んじゃダメなんですか?それで不当な扱いを受けるのであれば辞めます。くらいまでいけると気持ちがよいものです。まあだいぶ労力はかかりそうですが^^:

有給休暇を取って何をしたいか

まずは旅行がしたいですね。後はゆっくり一日中読書したり、ブログ書いたり。

基本的にやる事はいつもの休日と変わりないですが2連休と3連休では大きな差です。特に旅行は沢山いきたいですね。3日あればアジア圏なら結構満喫出来そうです。

水曜日なんかに休みがあると気の持ち様もだいぶ変わってきます。

まとめ

周りの友人に話を聞くと意外とすんなり取れている人も多くみかけます。最大のネックは僕にとっては昇級なのかもしれません。

だからこそ投資やブログ等、複数の収入を確保する事が大切であると思います。

 関連記事

副業でのリスクヘッジは大切な時代になってきています。

dartmania.hatenablog.com

 

dartmania.hatenablog.com