読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dartmania Cafe

投資、節約、ライフハック、雑談等いろいろ呟いています。

スポンサーリンク

カプセルホテルと漫画喫茶!泊まるならどっち?

dartmaniaです。

本当は宿泊する予定がなかったのに、気がついたら終電をなくしてしまった。

しかも週末に限ってホテルは空いていないし、空いていても結構なお値段する事も多々あります。

宿泊費用を安く済ませるために漫画喫茶やカプセルホテルを利用する人もいるでしょう。

今回はカプセルホテルと漫画喫茶、どちらの方が宿泊に適しているか考えてみました。

漫画喫茶とは

漫画喫茶とはその名の通り、漫画が沢山置いてあります。

特徴としては、漫画や雑誌が読み放題、ドリンクバー付き、ネット回線あり、お風呂はシャワーのみ、充電器やアメニティが充実しています。

部屋のタイプは大きく分けて、ソファ、リクライニング、フラットタイプに別れている事が多いです。

もし宿泊するのであれば、僕はフラットタイプにしています。

宿泊料金は2000〜3000円代が主流です。

カプセルホテルとは

カプセルホテルとは、通常のホテルの様な個室とは異なりカーテンで仕切られているカプセル型ベッドが2段位積まれた形態をしています。

スペースは大人が一人寝られる程度のスペースが確保されています。

カプセル内にはアラームやテレビが完備されています。

インターネットや漫画の設備等はない場所が多いですが、大浴場やサウナが完備されており、ゆっくりお風呂に入りたい方にとっては良いです。

料金は約2500円〜で漫画喫茶よりも少し高い価格帯です。

とはいえ普通のホテルに泊まるよりは圧倒的に安いです。

比較

では、実際に泊まるにはどちらの方が良いのでしょうか。比べてみました。

料金

料金は、場所やサービスにもよりますが漫画喫茶の方が1,000円程度安いです。

ただ、普通のホテルに泊まるよりもお得ではあります。

時間

これもお店によりますが、漫画喫茶は基本的には時間制で値段が決まります。

カプセルホテルは普通のビジネスホテルの要にチェックアウト時刻が決まっています。

ただし、終電を逃した方向けなのか、深夜を過ぎるとチェックアウトが12時までのプランなんかもあったりします。

過ごし易さ

カプセルホテルは、寝るための場所なのでインターネットや漫画、充電器等のアメニティはない店舗が多いです。

その分、寝る場所は布団とマットレスがある場合が多く、不自由無く慣れます。

漫画喫茶はネットや漫画、ドリンクバーなどが充実しています。

もし、これらを利用したいのであれば漫画喫茶でしょう。

ただし、いざ寝るとなると気になる方は気になります。

なぜならしっかりとしたベットがあるわけではなく、ソファやフラットな場所に寝るので、寝心地は僕自身あまり好きではありません。

風呂

漫画喫茶のお風呂はシャワールームが基本です。無い店舗もあります。

一方、カプセルホテルは大浴場があり、タオルやシャンプーは常設してあるため不自由しません。

周りの声が聞こえるのはしょうがない

漫画喫茶ならパソコンの音であったりが聞こえます。

またどちらも、夜になるといびきをかいている人が少なからずいます。

完全個室でゆっくりしたいならば、ビジホになってしまいます。

貴重品

漫画喫茶の場合、金庫が備えつけられている場合が多いです。

一方、カプセルホテルは鍵付きのロッカーが与えられるのでそこに貴重品や服などを収納する事は可能です。

ただ、あまりにも大きいキャリーケースなどは入りません。

男女別になっているので安心

基本的に、男女の部屋は別々の階や空間になっています。

これは漫画喫茶でもカプセルホテルでも言えます。

そこらへんのプライバシーはしっかりしておかないと恐いですよね。

別々になっていない場所もある様なので、そこはしっかり調べてから行く様にしましょう。

結局泊まるなら

これは意見が分かれそうですが、僕は泊まるならカプセルホテルが良いです。

目的がネットやドリンク、本ではないので、寝るにはカプセルホテルの方が最適です。

一方、ネットサーフィンや漫画を読みたいなら漫画喫茶です。

勿論、宿泊したこともありますが、疲れ方がカプセルホテルと全然違います。

まとめ

基本的に漫画喫茶は宿泊を目的とした場所ではないイメージがあります。

カプセルホテルの方がまだ寝れます。

最近ではだいぶお洒落なカプセルホテルも誕生してきているようです。

意外と快適にすごせたので、お金が無い時や急の際には使ってみるのもありですよ^^