Dartmania Cafe

主に投資・資産運用の事をつらつらと。恋愛記事もちらほら

英語が話せる様になりたければ海外に行った方が良い

f:id:dartmania:20170121143336j:plain

dartmaniaです。

どこにいてもそうですが、人間がコミュニケーションを取るためには必ず何かしらのアクションが必要です。例えば、身振り手振りやモノを使ったり絵を描いてみたりと色々な方法があります。

その最たるコミュニケーションツールは言語です。

日本に住んでいれば、日本語で事足りますが、グローバルを生きる私たちに取っては英語も書かせない手段の一つとなっています。

英語は手段の1つ

英語が上手くなりたい、話せる様になりたいと思ったら近所の本屋さんにいけば、英語に関する本が沢山あります。それを勉強する事によってある程度は英語の知識は身に付くでしょう。英語が話せる俺かっこいいーとかなら別にこれだけでよいでしょう。文法覚えて単語を少し応用させればある程度なら話せる様になるからです。

でも、その英語っていつ活躍するのでしょうか。

英語を使った仕事がしたいとか、大学の研究発表を英語で書くとか海外で発表するとか、異文化交流するとか思った時にわざわざ本なんて買うのは時間の無駄だと思います。

英語が話せる様になりたいというのは、英語を話す事で日本人以外の人と交流したい、仕事を円滑に進めたい、グローバルに活躍したいという結果を求めてなのではないでしょうか。

つまり英語だろうが日本語だろうが中国語だろうが、言語はあくまで手段にしか過ぎないのです。

日本なら日本語で事足りる

日本で生活するには、日本語しかいらないですよね。

それを使って初めてコミュニケーションが出来、価値が生まれるのです。

日本語を使って交渉をするとか、日本語を使って試験を受けるとか、あくまで言語は手段なのです。

私は、そこそこですが英語が話せるので周りからどうしたら英語が出来る様になるの?と聞かれる事がよくあります。

そんなときは、何のために英語を勉強するの?と聞く様にしています。質問を質問で返すのはあまりよろしくないですが、英語を使わないのに英語話せる様になりたいというのは支離滅裂ですよね。

野球に全く興味の無い人がグローブとバットを買いたいんだけどどうすればよいかなと聞かれたら、意味不明ですよね。

いや〜別に野球に興味はないんだけど一応買っといたら何かの役に立つかなと思ってなんて答える人はいないですよね。

英語もそうです。英語を使ってのみしか出来ない様な時に初めて英語の勉強をすればよいのです。

英語を勉強する目的は?

はっきりとした目的がなければ、英語が勉強したいから本を買っても、スクールに通っても、途中でくじけると思います。

なんで自分は英語の勉強をしているんだろうと。何かしらの勉強を始める事は労力がそれなりにかかります。なので行動する事に意味がないとなかなか長くは続きません。

dartmania.hatenablog.com

英語を勉強する事はある種の投資ですが、中途半端で終わらせてしまったらただ時間とお金の浪費になります。

dartmania.hatenablog.com

そのためにも本当に英語が話せる様になりたいのか、英語を話したその先に何を見たいのかを明確にしておいた方が良いと思います。

英語を話せる様になりたいなら海外に行くべし

では、英語が話せる様になるためにはどうすればよいのでしょうか。

学生であれば、時間はあるので本屋さんで参考書を買うより海外に行った方がよっぽど話せる様になります。

もちろんこんな自分がネイティブの人と話し手も大丈夫だろうかとか不安に思う事は沢山あると思います。ネイティブの人と初めから流暢に話せる人なんていません。

海外に行って直接話すと言う事は、自分が英語から逃げる道がなくなるんですよ。モノを買うにしても、トイレの場所を聞くにしても、必ず英語に触れる機会が増えます。

日本で勉強したら1日2時間取れればいい方ですが、海外なら24時間常に英語にさらされています。つまり反復練習する回数が圧倒的に多いのです。

社会人は留学する時間がない

これは一理あります。今の日本の制度上、1ヶ月以上休んで留学したいですなんてよほどの事が無い限り無理な話です。

しかし、社会人になって英語が話せる様になりたいという事は、それなりに必要にさらされていると考えられます。

ならば、海外に行ってから話せる様になれば良いだけです。社会人になるまで英語に興味がなかったのであれば、特別好きと言う訳ではないと思うので、海外に行って話せる様になれば良いのです。

日本で英語を勉強する方法

そんな事言っても、少しは勉強したいよと言う方は、復唱する事をおすすめします。例えば、日常英語の参考書を見てみたとします。

 ただ読むだけではダメです。それでは、ただ分かった気になるだけです。あるフレーズを読んだら、次は暗記してそのフレーズを本を見ないで声に出して読んでみて下さい。最初はかなり難しいです。でも、何回もやっているうちにスラスラと言える様になります。

そういうフレーズさえ覚えてしまえば、後は単語を入れ替えするだけで大体の日常会話は出来る様になると思います。

この声に出して読むという行為が非常に重要です。

日本語の小説を読んで、そこに書かれている全てのフレーズを日常生活で使えるかと言われたら使えませんよね。

そうです、言語は手段なので自分で使う事によって初めて自分のモノとなるのです。

そう考えると、一番良い方法は海外に言って直接英語に触れる事だと言えます。

そこで分からなければ参考書を開いて勉強した次の日にでも、使ってみれば効果は抜群です^^

まとめ

日本に住んでいる私たちにとっては英語に接する機会が少ないのが実情です。しかし、会社が大学でも英語を使わなければならない機会は増えています。

そういったグローバルに働きたい、英語を話さなくてはいけない状況がありそうだなと思ったら、まずは海外に行ってみよう

日常まるごと英語表現ハンドブック

日常まるごと英語表現ハンドブック

 

 

dartmania.hatenablog.com

 

 

dartmania.hatenablog.com