Dartmania Cafe

The more you invest, The more you become rich man.

ジャーナリストやプロ投資家の予想なんてあてにならない

dartmaniaです。

ブログを始めてから日々の成績しか話さないのは、ただの日記になってしまうのでつまらないな〜と思い、日々感じた事や投資以外のお金関係についても話していきたいな〜とか最近考えてたのでだらだらと思った事を話してていく事にしました。

といってもタイトルは日記なんですけどね(笑)

プロの予想ってあてになるの?

よくニュースや投資家情報等で専門家の意見なんかを取り上げているものがありますよね。これって正直あまりあてにならなくないですか?

こんな素人投資家がたてつくのはとても無礼な事ですが、私はそう思います。なぜなら意見がありすぎるからです。

世界中にいる人が同じ時を生きているのに、市場の捉え方って全然違うんですよね。勿論、異なる考えがある事は凄く良い事ですし、いろんな角度から市場を見る事を手助けしてくれる事は確かなんです。結果は1つしかないですが、視点を変えてみればどのようにでも解釈出来るのが、市場だと思うんですよね。

米国の大統領選の時も、多くの調査チームが知恵を振り絞って調査した事前調査ではクリントン氏が勝つと予想していたんですよ。

私も含め多くの投資家もトランプ氏が当選したらトランプリスクで株式が暴落するかもしれないと警戒していました。ジャーナリストの方々もこぞってトランプ氏当選によるリスクを理論だって述べていたと思います。

 

しかし、実際にトランプ当選が決まってからは、ダウも2万ドルくらいまで上昇していますし、S&P500、日経平均も上昇しています。今度は、トランプは何かやってくれるんじゃないか、景気が回復するんじゃないかなんて事をいろんな根拠を並べて、トランプ旋風を巻き起こしています。しかもつい数が月前まで大暴落が起きるんじゃないかといっていた人たちがです。

勿論、上昇相場が続いてくれれば嬉しいかもしれませんが、予想していた人の言葉を真に受けて、裏切られた(勝手に思っているだけですが)のに、次に出てきた予想総通りにいくのかなんて当てに出来ません。

 

もうそんな事してたら、予想なんてあてにして株投資している自分がバカに思えてきたんですよね。

投資していない人たちにとってももう少ししっかり分析してくれよという気持ちはあるかもしれません。

EUの時もそうでした。理由なんて市場という世界ではどうにでもなると言う事を実感しましたよ。

あてにはならないが参考にはなる!?

こういう心境に至ったので、あてにはしない事にしました。とは言っても投資は自己責任なので、その方たちを恨んだりバカにしたりしているわけではありません。

あくまでこれは自分が悪いという事は、自覚しています。

 

なので、こういう考え方もあるんだ!という風に捉える様になってからは、視野が少し広がった気がしました。これはリスクヘッジの考え方にも繋がると思います。

あくまで私が言いたいのは、自分が投資する時の基準に、他人の基準をあてにしたら良くないのだという事です。参考にする分には、かなりの価値があると思います。

バリュー投資への目覚め

こういった社会全体の相場観や事情を知る事は非常に重要であると思います。例えば、TPPはどうなるのか?とか、来年度の税制ってどうなの?とかインフレになると社会ってどうなるの?ってことを知っておく事は、社会情勢も見えてきますし、世の中の流れが分かります。

ただ株式投資においては、バリュー投資をする方が、運用としては確実性が少しあがるのではないかと考えています。

つまり割安な株に投資をして、適正な水準になる時に売る事で利益を得るという事です。

もちろん簡単な事ではないですし、市場に注目されていない銘柄も多いですが、市場の動向を予想するよりも、その企業の事業や指標を見て分析する方が圧倒的にスケールは小さいのです。

まとめ

2017年からは、この前も話した様に主にバリュー投資をしていこうと思います。まだ、まだ勉強不足で、抽象的な投資方針しか述べる事はできないですが、実践的に学んでいき、少しでも成長出来ればと思っています。